口呼吸はキケンがいっぱい!

こんにちは。院長の山本です。
暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。
ぶどう、マツタケ、栗、サンマと
秋は収穫を迎える食材も多く
食べものがおいしい季節でもありますね!

 

ですが、

 

そんな「秋の味覚」を楽しめなくなるかもしれない
『悪習慣』があります。

 

 

旬の食材が増える実りの秋に備えて、
今回は味覚障害のリスクを高めてしまう
「口呼吸」についてお話させていただきます。

 

 

 

 

◆口呼吸と鼻呼吸の違いとは?

 

普段、私たちが無意識のうちに行っている呼吸法には
・口呼吸
・鼻呼吸
の2種類があります。

 

 

基本的に、哺乳類が行う正しい呼吸法は
鼻から吸って鼻から吐く『鼻呼吸』で、
口呼吸を行うのは人間だけです。

 

犬が「ハアハア」と
口で息しているのを見たことがあるかもしれませんが、
あれは『パンティング』といって、
汗をかけない代わりに
体温を下げようとするときなどに見られる行動。

 

酸素はほとんど肺に送られていないようで、
正常な状態であれば、やはり鼻呼吸を行っているのです。

 

人間が口呼吸を獲得したのは、
言語を発するようになった影響だといわれています。

 

 

しかし、
口呼吸はあまり良い呼吸法とは言えません。

 

口呼吸をしていると冷たく乾いた空気とともに、
細菌やウイルスなどの異物が直接肺に入ってしまうため、
鼻呼吸に比べて、病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

◆口呼吸はむし歯や歯周病の原因に…

 

口呼吸による影響は、それだけではありません。

 

 

本来、お口の中の「だ液」は、
細菌や汚れを常に洗い流してくれています。

 

しかし、
口呼吸を続けていると
だ液が少なくなり乾燥状態に。

 

それによって
むし歯や歯周病の原因菌が
繁殖しやすく
なります。

 

 

むし歯が進行すれば、
ズキズキとした耐えがたい痛み
に襲われますし、
むし歯が神経に達すると神経の治療も必要になります。

 

また、歯周病は気づかないうちに進行しやすく、
放置していると
歯が抜け落ちるほど重症化してしまうことも…。

 

 

 

 

◆口呼吸による、さらなる悪影響

 

口呼吸による影響は、他にもたくさんあります。

 

・口臭の原因になる
・歯並びが悪くなる
・味覚障害を引き起こす
・いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になる

 

このように様々なトラブルを招くため、
口呼吸をしている方は、
ぜひとも鼻呼吸に改善していきましょう。

 

 

 

 

◆「あいうべ体操」で脱!口呼吸

 

それでは、実際に口呼吸を改善するためには
どうすればよいのでしょうか?

 

専門の治療を受けたり、
矯正器具を使うといった方法もありますが
まずはご自宅でも簡単にできる
「あいうべ体操」をご紹介したいと思います。

 

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に開く
3.「うー」と唇をとがらせ、口を強く前に突き出す
4.「ベー」と舌を突き出し、下に向けて伸ばす

1~4を1セットとし、
毎食後に10セット繰り返します

 

 

 

 

舌や口周りの筋肉を鍛えることで、
口が不意に開くことを防ぎ、口呼吸の改善の他、
いびきや誤嚥(ごえん)の予防効果も期待できます。

 

ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

診療スケジュールのご案内<令和3年9月~11月>

9月の休診日

木曜日 2日・16日・23日・30日
日曜日 5日・12日・19日・26日
その他 9(木/祝)、20日(月/祝)

10月の休診日

木曜日 7日・14日・21日・28日
日曜日 3日・10日・17日・24日・31日
その他 30日(土)PM

※10月30日(土)の午後は、DV学会出席のため休診致します。

11月の休診日

木曜日 11日・18日・25日
日曜日 7日・14日・21日・28日
その他 3日(水/祝)・23日(火/祝)

※11月4日(木)は、診療致します。

以上でございます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

暑い夏から、ゆっくり秋へ

こんにちは。山本歯科医院です。

今年の8月は「洗濯物が乾かなくて、本当に困る」という声をたくさん聞きました。
雨の日、それも激しい雨の日が多い8月でした。

やっと9月の声を聞き、やれやれという感じがしますが、まだまだ残暑厳しい折、どうかみなさまもご自愛ください。

当院には、奥様が乗る車いすを旦那様が優しく押して、数年前からご夫婦で通院されている患者様いらっしゃいます。写真は、こちらのご夫婦が持ってきてくださったトロフィーです。

数か月前、息抜きにと知人が誘ってくれて始めたグランドゴルフで優勝されたとのこと。

いつも歯医者で元気をもらっているから(^^)とおっしゃってくださいました。
心が温まるお言葉を頂き、本当にありがとうございます。
いつもご夫婦に癒されているのは私たちの方です。

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

オリンピックと夏と虹

こんにちは。山本歯科医院です。
全国的に長雨が続いておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
夏の疲れが出始めるころです。くれぐれもお体にお気をつけください。

オリンピックが、終わりました。
時差がないので、待合室のテレビは、朝の診療開始から、終了まで、オリンピック一色でした。
時には、待合室で、歓声や、ため息なども聞かれ、かつてない雰囲気が、感じられました。
自国開催ということで、いつも以上にかかる重圧の中で戦うアスリートに、
力をいただいた気がします。

野球決勝直前の、8月7日夕方6時過ぎに「大きな虹が、東の空にかかっているよ!」と、
教えてもらい見に行きました。

 

久しぶりに見る虹に、こちらもまた、感動しました。
気付かれた方、どのくらいいらっしゃいますか?

コロナウイルスの感染者が増加し、気の抜けない日々が続いていますが、ほんのひととき、空を見上げて気持ちが晴れやかになりました。

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

改めて見直そう!災害時のお口のケア

 

こんにちは。院長の山本です。
暑い日が続きますが、
皆さまいかがお過ごしですか?

 

日本では毎年、夏から秋にかけて、
台風や大雨が多く発生します。

 

今年もすでに各地で被害が発生しており、
被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

災害時には、
停電・断水・用品の不足などで、
お口のことは後回しにしがち。

 

 

しかし、

 

お口の中を清潔に保つことは、
非常時だからこそ、とても大切なのです。

 

 

もし、お口の清潔を保つことができずに
細菌が増殖してしまうと、
さまざまな感染症誤嚥性肺炎といった
身体全体に関わる大きなトラブルを招く危険
もあります。

 

 

そこで今回は、
いつどこで起こるかわからない災害時における
事前の備えや、お口のケアについてお話します。

 

 

 

 

◆事前に準備しておくとよいもの

 

・歯ブラシ
・洗口液
・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー

 

最低限、上記のものを
防災グッズに含めておきましょう!

 

他にも、
歯間ブラシやデンタルフロス、
キシリトールガムやシュガーレスガムも
準備しておくと役に立ちます。

 

 

また、入れ歯を使用されている方は
入れ歯ケース、入れ歯洗浄剤も
忘れないようにご注意を!

 

 

 

 

 

◆おぼえておこう!
災害時オーラルケアのススメ

 

●歯ブラシがない場合

せめてうがいをするだけでも
洗浄・殺菌効果
があります。

 

30ml程度の水かお茶を使い、
一気に水を含まずに、2~3回に分けて
しっかりとブクブクうがいをしましょう。

 

 

●歯ブラシはあっても水が少ない場合

30ml程度の水をコップに用意。
その水で歯ブラシを濡らしてから歯みがきします。

 

歯ブラシが汚れてきたら
ウェットティッシュやティッシュペーパーなどで
汚れをよく拭き取って、また歯みがき。

 

これを繰り返したら、
最後に2~3回ブクブクとうがいをします。

 

 

●水も歯ブラシもない場合

ウェットティッシュ
ティッシュペーパーで歯をぬぐい、
汚れを拭き取ります。

 

普通に歯を磨くよりも
当然ながら効果は少ないですが、
物資が揃うまではしばらく
この方法で耐えしのぎましょう…!

 

 

 

 

●入れ歯の方は特に気をつけて!

入れ歯ケースを忘れていたことで、
入れ歯を何日もお口の中に入れっぱなし
の状態で過ごしていると
細菌が非常に増殖します。

 

また、入れ歯が破損した場合、
そのまま使用すると、
口腔粘膜を痛める原因になります。

 

逆に「入れ歯を外しっぱなし」にしていると
歯ぐきが痩せてしまい、
入れ歯が合わなくなって使えなくなってしまう恐れも。

 

入れ歯ケースと洗浄剤は、
必ず忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

◆水分不足=だ液不足にもご注意を!

 

だ液には、お口の中の汚れを
洗い流す働きがあります。

 

しかし、災害時には、強いストレスや、
水分摂取が少なくなることなどにより、
だ液の分泌が減ってしまいがちです。

 

 

 

マッサージしたり、
キシリトールガムやシュガーレスガムで
だ液の分泌を促すように意識してみてください。

 

 

 

 

 

今回は
災害時こそ疎かにできないお口のケアについて
ご紹介させていただきました。

 

万が一、災害に見舞われてしまった時には
今回お伝えした口腔ケアを、ぜひ実践していただき、
困ったことがあれば近くのお医者さんや
避難所の職員さんに相談するようにしましょう!

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

診療スケジュールのご案内<令和3年8月~10月>

8月の休診日

木曜日 5日・12日・19日・26日
日曜日 1日・8日・22日・29日
その他 9(月/祝)  夏季休業:12(木) ~15日(日)

※8月11日(水)は診察いたします。

9月の休診日

木曜日 2日・16日・23日・30日
日曜日 5日・12日・19日・26日
その他 9(木/祝)、20日(月/祝)

10月の休診日

木曜日 7日・14日・21日・28日
日曜日 3日・10日・17日・24日・31日
その他 30日(土)PM

※10月30日(土)の午後は、DV学会出席のため休診致します。

以上でございます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

夏のお客様

毎日暑い日が続いておりますが、オリンピックも連日熱戦が続いていますね。
今回は時差がないため、通常の生活をしていても今までで一番多くの試合をテレビ観戦しているように思います。

歯医者の花壇の花や木が、暑さに負けず頑張ってくれているので元気をもらっています。1ヶ月でこんなに成長しました。

それから、花壇に夏のお客様がいらしていたので、パチリ、しました。

ご存知ですか?8020運動

こんにちは。山本歯科医院です。

暑さも日々増していき、
本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。

さて、みなさんは「8020(ハチマルニイマル)運動」という運動をご存知でしょうか?
厚生省と日本歯科医師会が推進している
“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動です。

先日、当院にメンテナンスで通院されている患者さんが
「8020の表彰状が届いた」と、
院長に報告しに来てくださいました。

素晴らしいの一言につきます。

また、状態がより良いとのことで、静岡県でも表彰していただけるとのこと。
長年のご本人の管理の賜物ですね。

このご報告は、私達にとって、とても励みになりました。

残念ながらコロナの影響で去年同様、表彰式はありませんでしたが、
嬉しいことに当院から、他7名の方が受賞されました。

あらためて、おめでとうございます。

これからも、精一杯、皆さまのお口の健康のお手伝いをさせていただきます。

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

日々これ精進!ブラッシングのコツ

 

こんにちは。院長の山本です。
蒸し暑い日が増えてきたように感じますが
いかがお過ごしでしょうか。

 

7月といえば七夕ですね。
現在では
「○○が欲しい」
「○○になりたい」など
幅広い願いごとが書かれる七夕の短冊ですが、
もともとは織物の上手な織姫にあやかって、
「物事が上達しますように」との願いを込めて
短冊をしたためていました。

 

みなさんはこの夏、何を上達させたいですか?
もし現在、目標としているものがあれば、
その上達をお願いしてみるのも
いいかもしれませんね。

 

 

 

さて、歯科において
上達しておいていただきたいこと
といえば、やはり
ブラッシング!

 

 

今回は、ブラッシングの基本と、
リスクとなりやすい部位ごとの
ブラッシングのコツをご紹介いたします。

 

 

◆ブラッシングの基本

 

まず大事なのは持ち方。

「えっ?そんなところから?」

と思われるかもしれませんが、
歯を傷つけないために大切なことです。

 

歯ブラシは力の入りすぎを防ぎ、
細かく丁寧に動かせるように、
えんぴつのように持ちます。

 

歯面には歯ブラシの毛先を垂直に当て、
小刻みに往復(5mm〜10mm程度を目安に)させながら、
1〜2本ずつ丁寧に磨きましょう。

 

この時、力を入れ過ぎて
ブラシの毛先が広がらないように注意してくださいね。

 

 

 

 

 

次は、少しコツが必要な部位について。

 

 

 

 

◆磨き残しが多い5か所

 

1.歯と歯の間
歯間ブラシやデンタルフロスの使用が効果的です。
歯と歯の間の歯垢(プラーク)は、
歯ブラシだけでは6割ほどしか除去できないのに対し、
歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると
9割近くのプラークを除去できる
というデータがあります。

 

 

2.歯と歯ぐきの間
歯や歯ぐきの状態によって、歯ブラシを45度
または90度になるように当て、
弱めの力でマッサージするように細かく振動させます。

 

 

 

 

 

 

3.前歯の裏側
歯ブラシを縦に使い上下に動かして磨きます。
下の前歯の裏側はブラシのかかと部分を使い、
汚れをかき出すように磨いてみましょう。

 

 

4.奥歯のかみ合わせ
奥歯の「かみ合わせ面」は溝が深く、
磨き残しが多い場所です。
くぼみ部分にブラシの毛先を入れ込むように当て、
小刻みに動かして磨きます。

 

 

5.奥歯の後ろ側
歯ブラシを斜めに入れるなど
奥まで届くように角度を調整しながら、
ブラシのつま先を使って磨きます。
難しい場合には
ワンタフトブラシ(毛束が1つのみのブラシ)など、
ヘッドがコンパクトなブラシを使用してみましょう。

 

 

 

 

 

ちょっとの心がけで、
ブラッシングの効果はグンと高まります。

 

全てを一度にマスターするのは難しいかもしれませんが、
「今日はここを頑張ってみよう」と、
ひとつずつチャレンジしてみてください!

 

 

上手に磨けているか不安な方や、
自分に合ったブラシが分からない…など
お悩みの場合は、お気軽にご相談ください。
いつでもお待ちしております。

 

山本歯科医院
〒431-0424 静岡県湖西市新所原3-3-26
TEL:053-577-3888
URL:http://kosai-yamamotodc.com/
Googleマップ:https://g.page/yamamoto-shika-iin?gm

普門寺のあじさい

最近、梅雨らしい季節が続いており、洗濯ものに困っています。

今年は早い時期での梅雨入りでしたので、梅雨明けも早くなることを願います。

もみじ寺で有名な普門寺ですが、「今、あじさいがきれいだよ」と教えていただき、梅雨の晴れ間の日に行ってみました。

池からは、効果音のように牛ガエル?の大合唱が聞こえてきて、あじさいをよりひきたたせてくれていました。

梅雨もまたよしと思ってしまいました。